ソーシャルネイティヴの「いま」と「本音」を知るメディア

WHAT’S “Z”

“GenerationZ”について、どこよりもわかりやすく

「GenerationX,Y,Z」とは、米国のマーケターたちの間で00年代から提唱されている、新たな消費世代区分です。
国勢調査により、生活スタイルや消費行動、インターネットの使い方などに、違いがあることが明らかになっています。

  • 【1960年~1974年生まれの世代】
    日本における核家族世代。
    テレビ・洗濯機など家電が普及し、高度経済成長の渦中にいた“ミージェネレーション”世代。
  • 【1975年~1994年生まれの世代】
    ミレニアル世代、ポストバブル世代などと呼ばれる世代。
    様々な電子機器が普及した“デジタルネイティヴ”の世代。
  • 【1995年~2009年生まれの世代】
    ポストミレニアル、ゆとり・さとり世代とも呼ばれる世代。
    中学生の頃からソーシャルメディアに触れ、高校生の頃からスマートフォンを持つ“ソーシャルネイティヴ”世代。

米国では一般的に、このような特徴があるといわれています

  • お金やキャリアに
    保守的な考えを持つ
  • 人種や性別にリベラルで
    自然体を好む
  • 娯楽経験
    多くのお金を使う
  • 場の意見に同調しやすい
    傾向がある
  • SNSの投稿を目的に
    行動することがある
  • ブランドよりも
    自分らしさを大切にする

これらの特徴は、日本のZ世代にも当てはまるのでしょうか?
Z世代会議では、約3000名の日本の若者世代を対象に、調査を行いました。

グラフィックサマリー

調査の詳細は、「Z世代レポート2018 ダイジェスト版」をご覧ください。
メディア「Z世代会議」では、より詳細な調査結果を分析し、リアルなZ世代の声と合わせて、記事を発信しております。

より詳しく知りたい方は、以下問い合わせフォームからお問い合わせください。